2015年6月21日日曜日

【三井住友VISAカードエブリプラス】なるべく少ない手数料で還元率1.5%の恩恵をもらう例を紹介

年会費永年無料のエブリプラス を使い始めて3ヶ月程度経ちました。


実際の使用例を元に、なるべく少ない手数料で還元率1.5%の恩恵をもらう具体例を紹介したいと思います。


ある月の支払明細ですが、利用額20,627円に対して、支払額はエブリプラスではデフォルト5,000円となります。


このままだと、残額の15,627円に対して利息が発生するため残額はなるべく少なくする必要がありますが、全額返済してしまうとポイント還元率が0.5%になってしまいエブリプラスを使う意味が亡くなってしまいます。

利息が発生するなるべく少ない残額を残るように月の支払額を調整することが、エブリプラスでの効率的な支払い方になります。


■エブリプラスでの月支払額調整方法



三井住友カードVISAカード共通のポータルサイトvpassから支払額の調整が可能です。


メニューの「カード会員の方TOP > お支払いについて」から
「マイ・ペイすリボ」をクリック。







この月の例の場合、追加お支払い可能額が 15,627円となっています。vpassでの追加可能額は1,000円単位なので、15,000円追加で支払えば、利息を最小化できます。





以上で、追加支払額の変更が完了です。

なお以前に記事にしたとおり、初月については上記を行っても1.5%ポイント還元にならないので注意して下さい。

(参考)
SEの節約投資日記: エブリプラス、初月は1.5%還元の恩恵を受けられません




■ローソンのロッピーを使うとさらなる効率化も可能のようです


vpassだと1,000円単位ですが、ローソンに置いている端末ロッピーを使えば1,000円未満の単位まで更に細かい単位で支払額を調整できるようです。
ローソンが近くに無く試せていないのですが、1円単位まで効率を追求するのであればロッピーも併用したい所です。


■まとめ


上記のように、毎月支払額を調整することで三井住友VISAカードエブリプラスの還元率1.5%のメリットをフルに活かせます。

年会費永年無料のエブリプラス を利用しようとしている方の参考になればと思います。

Ads by 忍者AdMax

0 件のコメント:

コメントを投稿